道路使用許可の基礎知識と守るべきポイント

道路というのは歩行者や自動車の往来を想定してつくられたものであり、広大なスペースがあるからといって、本来であればこうした交通の妨害になるような方法での催し物をしたり、作業を行うことはできないはずです。
しかしながら、道路工事や地域のお祭のように、社会的な利益という観点から見てやむを得ないような場合に限っては、本来の目的から外れて道路を使用することが認められる場合があり、この場合については管轄する警察署の道路使用許可を受けることとされています。


これは道路交通法やその施行規則の条文にもとづくものであり、あくまでもやむを得ないものであるかどうかがポイントとなります。
そのため、道路上で工事や作業を行う場合、広告塔のような工作物を設ける場合、祭礼などの際に露店や屋台を出す場合、映画のロケをする場合などの類型に該当しているかどうかをまずはチェックする必要があります。
また、道路工事などの場合については、警察のほかにも、道路管理者の道路占用許可が必要となる場合がありますので、これについても注意しておく必要があります。
道路管理者は文字通り道路の補修などの維持・管理を行っており、申請先は国道事務所や都道府県や市町村の土木事務所などとなります。