透水性舗装って何?

雨が降っているときに歩道を歩いていて、車の水跳ねがかかった経験はないでしょうか? これは道路路面の水たまりが原因で起こるものですが、この水たまりができないように工夫された舗装構造が透水性舗装です。
道路路面に使われるアスファルトやコンクリートは通常、耐久性の観点から密度が高くほとんど水を通しません。しかしあえて空隙を作り透水性を高め、路面に雨水をためないようにしています。


しかしこのままでは路盤にも透水性の高い素材や砂などのフィルターを挟むために耐久性に乏しく、車道には向きません。そのため道路路面の表面のみをこの構造にし、その下に通常のアスファルト構造を用い、表面を透過した雨水を排水溝などによって処理する構造をとります。これを排水性舗装と言います。
構造のメリットとしては「水跳ねの軽減」「夜間の車線等の視認性の向上」「ハイドロプレーニング現象(タイヤと路面との間に水が入り、ハンドル、ブレーキが利かなくなる現象)が起こりにくい」「空隙によるヒートアイランド現象の軽減」「騒音の軽減」などがあげられます。
デメリットとしては「空隙に砂などが入り込み機能低下しやすい」「大型車が空隙を潰し機能低下が起こる」「部分的な補修ができず全面打ちかえとなる」などがあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。